おしゃぶりケースはこれで決まり!消毒もできて便利すぎるよ!

こどものはなし

生後間もなく、産院にて母子同室となった我が息子。

この息子が、体の大きさに対して飲む意欲がすごく、決められた量を飲んでも泣き続ける…。

生後二日目の夜、ごろ美はおしゃぶりの購入を決意しました。

ごろ美
ごろ美

お互いの精神の安定のために。笑

現在生後2ヶ月となり、自由に母乳が飲めるのでだいぶ癇癪は落ち着いてきました。

たまに何らかの原因で泣いてしまいますが、少しおしゃぶりを吸えば落ち着けます(空腹が原因でなければ)。

この記事では、私が購入して良かったおしゃぶりケースを紹介しています。

スポンサーリンク

おしゃぶりケースの購入を考えたきっかけ

息子が生まれたばかりの頃は、哺乳瓶も使用していたため、

ミルトンを使用しておしゃぶりを消毒していました。

ごろ美
ごろ美

ちなみにミルトンはタブレット型の方が便利でした!

しかし、徐々に完母になったので、哺乳瓶を使用しないことが増え、

おしゃぶりのためだけにミルトンを用意することになってしまっていました。

ミルトンは場所もなかなかとるので、色々もったいないなあ…と感じていました。

ミルトンは1時間つけおきが必要

ミルトンは、消毒液に1時間つけおくことが必要になります。

息子にはフィリップスのおしゃぶりを2つ用意していました。

このおしゃぶり自体はとても良いのですが、

床に落としてしまったり、いろいろなところに触れてしまったりして、

消毒が頻繁でしたし、

2つしかなかったので

2つとも消毒してしまうと1時間のつけおき時間が辛い時も…。

(おしゃぶりないと寝付けないこともしばしばだったので)

それで、

消毒が簡単で、短時間でできるものはないか?

と調べたのです。

消毒のできるおしゃぶりケース!

そしていきついたのがこちら。

Smart Start おしゃぶり消毒 スマートポッド

です。

 

こちらです。

おしゃぶりケース

これの使用方法はとても簡単。

うっすらついている横の線の部分まで水を入れて、

おしゃぶりを入れ、

蓋を1段階目のところまで軽く閉めて、

レンジで1分チンするだけ!!

500w〜1200wまで、1分でOK。

レンジ内でケースからこぼれない程度に沸騰し、消毒ができるというモノです。

加熱後すぐは熱いので、数分冷まし、

中のお湯を捨て、少し乾燥させれば(熱で乾燥も早いです)

消毒終了。

そして蓋を完全に閉めれば

このままケースとして持ち歩くことも可能!!

このおしゃぶりケースは、

  • 消毒が簡単で早い
  • 水とレンジがあればどこでも消毒できる
  • そのまま乾燥させ、持ち歩くことができる
  • 薬剤などの追加コストがかからない

以上の点で、とても便利です!!

ごろ美
ごろ美

私と同じような状況のかた、とてもオススメです!

デメリットもあることを知っておく

一般的にレンジを使用した消毒は、

  • 停電時には使用できない
  • 加熱後は熱いので冷ますことが必要

という弱点があります。

さらに、ミルトンの方が消毒できる菌の範囲が大きいので、

そういった面が気になる方はミルトンの方が合っているかもしれません。

 

 

ごろ美
ごろ美

私はそういった面を考慮しても、今現在とても役に立っているので

自信をもっておすすめできます!!

 

もし良いかも?と感じたら試してみてほしいですね!

 

コメント